西論プラス

「重症化しにくい」コロナの伝え方 大阪編集長・小川記代子

「大阪モデル」で警戒を示す黄色に点灯された通天閣=8日、大阪市浪速区(安元雄太撮影)
「大阪モデル」で警戒を示す黄色に点灯された通天閣=8日、大阪市浪速区(安元雄太撮影)

再び新型コロナウイルス感染が急拡大している。第6波と目されるので、拡大基調は6回目となる。紙面にも、年明けから「蔓延防止等重点措置要請へ」や「国内感染〇人超」「飲食店の営業時間は午後〇時まで」といった見出しや内容の記事が並ぶ。

2年前や1年前を繰り返しているような既視感。「同じような伝え方でいいのか」と自問している。

これまでと違うのは、新たな変異株であるオミクロン株による感染という点、そして感染者数の増加ぶりがすさまじいことだ。

ランキング

  1. 【話の肖像画】女優・真矢ミキ(23)悲しみを忘れたかった母の代わりに

  2. コロナ「5類」引き下げに賛否 専門家「体制整わず」、自治体「負担軽減期待」

  3. 東京で8503人感染 新型コロナ

  4. オミクロン株「ステルスクラスター」 無自覚でウイルス伝播か

  5. オミクロン株症状は のどに痛み、味覚障害少なく

  6. 【正論12月号】やっぱり恐ろしい安倍晋三という男 産経新聞政治部編集委員兼論説委員 阿比留瑠比

  7. 未来につながる非認知能力 公文式で培う〝粘り強さ〟[Sponsored]

  8. 【話の肖像画】女優・真矢ミキ(22)身をもって「老い」を教えてくれた母

  9. 藤井竜王「4連勝は望外」就位式

  10. 難病乗り越え、デュアルスキーで描く夢 89歳 三浦雄一郎さん