ロ主導部隊、13日に撤退開始 カザフ大統領が謝意

中央アジア・カザフスタンのトカエフ大統領は12日、抗議デモ後の治安安定のため派遣されたロシア主導の集団安全保障条約機構(CSTO)の部隊が13日に撤退を開始すると明らかにした。最も被害が大きかった最大都市アルマトイを訪問し、開催した会議で述べた。インタファクス通信が伝えた。

トカエフ氏は「わが国の情勢安定のため大きな役割を果たした」と謝意を示した。計2千人超が派遣されたという。派兵を巡っては、米国が必要性について明確な説明を求めていた。(共同)