フォト特集

崩落の水道橋、撤去開始 和歌山、6月架け替えへ

水道橋の崩落部分の撤去工事=12日午後、和歌山市
水道橋の崩落部分の撤去工事=12日午後、和歌山市

和歌山市の紀の川に架かる水道橋の一部が崩落、大規模な断水が起きた事故で、市は崩落した水道橋を川から撤去する工事を本格的に始め、12日に報道陣に現場を公開した。崩落部分の撤去を今月中に終え、橋の一部を架け替える工事を3月までに始める。6月までの架け替え完了を目指す。

この日は作業員が川に潜り、沈んだアーチ材を切断、台船の上のクレーン車で引き上げた。市の担当者は「今後、専門家と一緒に引き上げた部材を検証し、崩落原因を調査する」と説明した。

崩落部分の撤去工事が行われた水道橋(左)=12日午後2時17分、和歌山市
崩落部分の撤去工事が行われた水道橋(左)=12日午後2時17分、和歌山市

崩落したのは橋桁を兼ねる送水管をつり材で支える全長546メートルのアーチ橋の一部。昨年10月上旬、川の中央付近の約60メートルが突然落ちた。この影響で約6万戸が1週間にわたり断水。崩落せずに残った部分のつり材4本が腐食し、一部が破断していることが市の調査で判明した。

水道橋の崩落部分の撤去工事=12日午後2時33分、和歌山市
水道橋の崩落部分の撤去工事=12日午後2時33分、和歌山市
撤去される水道橋の崩落部分=12日午後、和歌山市
撤去される水道橋の崩落部分=12日午後、和歌山市
水道橋の崩落部分の撤去工事=12日午後2時33分、和歌山市
水道橋の崩落部分の撤去工事=12日午後2時33分、和歌山市