静岡知事「住民に不安」 米軍施設で感染拡大

定例会見でオミクロン株急拡大への対策を打ち出した川勝平太知事=11日、県庁(田中万紀撮影)
定例会見でオミクロン株急拡大への対策を打ち出した川勝平太知事=11日、県庁(田中万紀撮影)

静岡県の川勝平太知事は11日の記者会見で、同県御殿場市の米軍施設で新型コロナウイルス感染者が増加していることについて「住民に不安を与えた。遺憾だ」と批判した。また、日米地位協定により米国から入国する軍人らへの日本側の検疫が免除される点や、感染状況を把握しにくい点などを挙げ「協定の問題が顕在化した」と指摘。地位協定の改定を求めた。

御殿場市によると、米軍施設「キャンプ富士」では昨年12月下旬以降、46人が新型コロナに感染。今月5日に防衛省南関東防衛局を通じ、米軍側から連絡があったという。