NHKに河瀬さん「残念」 密着番組で不適切字幕

河瀬直美さん
河瀬直美さん

東京五輪の公式記録映画の監督を務める河瀬直美さん(52)にNHKが密着取材した番組中、ある男性が五輪反対デモに金をもらい動員されたと裏付けのないまま不適切な字幕を付けていた問題について、河瀬さんは11日までに「本当に、残念でなりません」とのコメントを発表した。

河瀬さんは「本番組においては、私は被取材者の1人ですので、事前に内容を把握することは不可能です」と説明。「今回のNHKの取材班には、オリンピック映画に臨む中で、私が感じている想いを一貫してお伝えしてきたつもりでした」とも記した。

番組は昨年12月に放送されたBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」。NHKは当該人物の五輪反対デモ参加を確認できておらず、NHK側の「思い込み」で字幕を付け放送していたと発表し、謝罪していた。

NHKが五輪関連番組で不適切字幕、謝罪