北ミサイル「警戒・監視に万全を」 岸防衛相が指示

岸信夫防衛相
岸信夫防衛相

岸信夫防衛相は11日、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことを受け、防衛省、自衛隊に米国などと緊密に連携し、情報収集・分析に全力を挙げるよう指示した。さらに不測の事態の発生に備え、引き続き警戒・監視に万全を期すよう求めた。省内で記者団に明らかにした。

岸氏は省内で幹部会議を開き、対応について協議した。ミサイルの飛距離や種類などに関しては「詳細については今、分析中だ」と述べるにとどめた。