浪速風

残り福

今日は残り福。十日えびすがこれで終わり、大みそかの深夜以来続く寺社参りと祝賀ムードが一区切りついて、さあ仕事だ!という雰囲気になる。筆者もその一人だが、例年悩むのは、今年はどちらのえべっさんに参るかということだ

▶関西には有名なえべっさんが2社ある。今宮戎神社と西宮神社である。前者はあでやかな福娘や宝恵駕籠(ほえかご)で、後者はマグロの奉納や勇壮な福男選びで有名だ。2社はご祭神も違う。大国主命の子の事代主)神(ことしろぬしのかみ)と、イザナギ・イザナミの初めての子の水蛭子(ひるこ)。いずれも争いを好まず、海に縁が深いことから、えべっさんになった

▶迷った末に西宮神社を選んだ。猛スピードで駆け抜ける福男選びが春を呼ぶ乗っ込みを連想させたからだ。乗っ込みは、産卵期の魚が浅瀬に集まることや時期のことで、大阪湾はかつてチヌが海を黒くするほど群集する豊かな海だった。今年も福男選びは中止になったが、今こそコロナに負けない勢いが欲しい。