維新、宮城に総支部設立 参院選候補擁立目指す

日本維新の会は11日、宮城県総支部(宮城維新の会)を設立したと発表した。維新は昨年の衆院選で、東北で初めて1議席を獲得した。仙台市内で記者会見した藤田文武幹事長は、夏の参院選宮城選挙区に候補者擁立を目指す考えを表明。「地に足を付けて勢力を拡大させたい」と述べた。

総支部は1日付で設立。代表には宮城4区から出馬、比例復活で初当選を果たした早坂敦氏(50)が就任した。