朝晴れエッセー

今日もボコボコ・1月11日

定年退職を迎え、それまでがんばって生きてきたことを毎日、毎日、後悔し腐っていた。

遊ぶ余裕も、座って食事することもなく、睡眠時間を削り、今頑張らないと生きていけないと強迫観念にかられ働いてきた。

それが定年退職を目前に脳梗塞、網膜静脈閉塞症、前立腺炎、頭鳴で頭の中はひどい蟬時雨(せみしぐれ)、etc。定時退社の代替えは給料半分。

そんなある日、道に迷い込んだ所で総合格闘技ジムを発見。総合格闘技が何なのかさえ分かっていなかった。導かれるように見学をお願いすると、圧倒的オーラを放つ人がいた。帰って調べると世界トップクラスで活躍する格闘家だった。

人生で、世界トップクラスで活躍する人に出会う機会がどれだけあるのか、まして、教えを受けるチャンスはあるのか。それだけの理由でジムに入会。

長年のハードワークで体力はあったが苦労するのは分かっていた。技を教えてもらえば頭の中は、?が溢(あふ)れ、殴られれば星が舞う。ジムへ行くのは憂鬱だった。

ある日、若い練習生に「今日もボコボコにしてね」と口にした。瞬間、私の中で何かが吹っ切れ、いきなり楽しくなった。

特にスパーリング中は嫌なことをすっかり忘れていて楽しくて仕方ない。そのときの私は、周囲が元気になるほどの笑顔だそうだ。

今さら人生の逆転も成功もないだろう。だが今は「今日もボコボコにしてね」と、前向きに楽しく笑顔で生きている。

石井忠 62 愛知県岡崎市