元若嶋津の荒磯親方が相撲協会定年 12日に65歳

荒磯親方
荒磯親方

12日に65歳を迎え、日本相撲協会を定年となった荒磯親方=元大関若嶋津、本名日高六男、鹿児島県出身、放駒部屋=が11日、「今はただ相撲協会や支えてくれた方々に感謝しかない。いい相撲人生を送らせていただいた」と代表取材にコメントした。今後は再雇用制度で「参与」として協会に残る。

元横綱初代若乃花が師匠の二子山部屋に入門し、1975年春場所で初土俵。82年九州場所後に大関昇進を果たした。浅黒く引き締まった体と精悍な顔つき、スピード感あふれる取り口で「南海の黒ひょう」の愛称で高い人気を誇り、優勝2度を果たした。

87年名古屋場所限りで現役引退後は「松ケ根」を襲名し、90年1月に独立。2014年12月には名跡変更で「二所ノ関部屋」を復活させ、幕内一山本、十両松鳳山らを育てた。昨年12月に部屋を閉じ、「荒磯」に名跡を変えた。