鈴鹿移籍のカズに「執念を感じる」 JFA田嶋会長が激励

田嶋幸三会長(撮影・蔵賢斗)
田嶋幸三会長(撮影・蔵賢斗)

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が11日、オンライン取材に応じ、日本フットボールリーグ(JFL)鈴鹿ポイントゲッターズに加入する元日本代表FW三浦知良を「サッカーを続けたいという執念を感じる。頑張ってほしい気持ちでいっぱい」と激励した。

全国高校選手権で、新型コロナウイルス感染者が出た関東第一(東京B)の準決勝辞退が決まった際、三浦は会長に「なんとか(出場できるように)ならないか」と電話してきたという。会長は「カズは一番サッカーを愛している男。日本サッカー界の全てのことを心配している」と話した。