沖縄の時短協力金、認証店にも1日3万円 山際経済再生相

山際大志郎経済再生相(酒巻俊介撮影)
山際大志郎経済再生相(酒巻俊介撮影)

山際大志郎経済再生担当相は11日午前の記者会見で、沖縄県の時短要請に応じた飲食店への協力金をめぐり、営業時間を午後8時に短縮し、酒類を提供しない場合、感染拡大防止対策の基準を満たす認証店にも1日3万円支給すると明らかにした。蔓延(まんえん)防止等重点措置が発令された9日に遡(さかのぼ)って対応する。

認証店は午後9時まで酒類提供での営業が認められていたが、協力金は2万5千円で非認証店の3万円を下回り、飲食店からは不満が出ていた。協力金変更の理由について、「認証店でも休業や非認証店と同等の時短を行う動きがあり、一部に認証を返上する動きも生じていた」と説明した。