北ミサイル、最高マッハ10で700キロ超飛行

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は11日午前7時27分ごろ(日本時間同)、内陸部の慈江道(チャガンド)から日本海に向けて飛翔(ひしょう)体を発射した。韓国軍合同参謀本部は、発射されたのは弾道ミサイル1発とみられ、700キロ以上飛行し、最高高度は約60キロ、最高速度は音速の10倍(マッハ10)前後に達したとの分析を明らかにした。

米インド太平洋軍も声明で弾道ミサイルとの認識を示した。日本政府によると、ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)外の海域に落下したもようだ。

韓国軍は、北朝鮮が5日に同じ慈江道から発射し、「極超音速ミサイル」と主張したミサイルと比べて「進展した」と評価した。5日発射のミサイルは最高速度がマッハ6程度に達したが減速したとされ、韓国軍は「極超音速ミサイルの技術に達していない」との見方を示していた。

今回発射されたものは大幅に速度を増しており、弾道ミサイル本体から分離した弾頭部が迎撃を回避する変則飛行をした可能性も高い。日韓への脅威は日増しに高まっている。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は昨年末の党中央委員会総会で、新兵器開発の推進を指示しており、年明け早々にミサイル発射を繰り返すことで、軍備増強を加速させる姿勢を行動で示した形だ。

米ニューヨークでは米東部時間の10日、北朝鮮の5日のミサイル発射を受けた国連安全保障理事会の非公開緊急会合が開かれた。北朝鮮はミサイルの発射実験を「自衛権」の行使と主張しており、国連会合の日程にぶつけることで、国際社会の動きを牽制(けんせい)する狙いもあるとみられる。

米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表は11日、外務省の船越健裕アジア大洋州局長や韓国高官とそれぞれ電話会談し、緊密に連携していく方針で一致した。