香川、国内復帰も「考えるところあった」 シントトロイデン加入で会見

シントトロイデン加入会見に臨んだ香川真司
シントトロイデン加入会見に臨んだ香川真司

サッカーのベルギー1部リーグ、シントトロイデンへの加入が決まった香川真司(32)が11日、オンラインで入団の記者会見に臨み「昨年1年プレーしていなかったので、ただ単純にプレーをしたい。自分の力を改めて証明したい気持ちが強い」と意気込みを語った。

ギリシャ1部リーグのPAOKでは出場機会を失い、昨年12月に契約解消。国内復帰も「正直考えるところはあった」と明かしたが、これまでドイツやイングランドで成長を遂げたMFは「欧州に残ってチャレンジしたい気持ちがシンプルに上回った」と決断理由を述べた。日本代表復帰にも「今年はワールドカップ(W杯)イヤーだし、そこの目標は常々持っている」と意欲を示した。