慈悲にすぎる 忍性㊤

ハンセン病患者、生活困窮者救った鎌倉期の社会活動家

忍性菩薩座像(極楽寺提供)
忍性菩薩座像(極楽寺提供)

鎌倉時代(13世紀)、奈良や鎌倉などを舞台に、ハンセン病患者や貧者らの救済活動を徹底して進めた律僧がいた。良観房忍性(りょうかんぼうにんしょう)(1217~1303年)。真言律宗総本山の西大寺(奈良市)に学び、病院や療養所、投薬施設、動物病院など、多くの救済施設を開設して、社会的弱者の救援、経済的支援をしただけでなく、架橋や作道などの社会基盤整備、寺院の復興事業も手掛けた。西大寺を再興した師の叡尊(えいそん)から「慈悲にすぎた」と評せられ、死後には「菩薩号」が贈られた忍性。仏教の「興法利生(こうぼうりしょう)」(仏教を盛んにして、他者を救済する)に全身全霊を傾けた生涯だった。

ハンセン病患者を背負って

奈良の北郊、なだらかな丘陵地に南北に細長い棟割り長屋があった。十八の小部屋と仏間からなる「北山十八間戸(じゅうはちけんこ)」。忍性が開設に関わったと伝えられる、ハンセン病患者らの療養施設だ。

ランキング

  1. 日本のコロナ対策に欧米が注目の理由 「歴史の偶然性」研究者

  2. 台湾からの感謝途絶えず 滋賀県と大津市に医療機器

  3. 電話で「ガソリンまいて道連れにする」 コロナ協力金求め業務妨害 容疑で男を逮捕

  4. 王将戦第3局始まる 渡辺1勝返すか 藤井5冠へ王手か

  5. 松田、佐藤ら有力選手が会見 大阪国際女子マラソン

  6. 【全方位ch】「ジョジョ」 アニメ上の擬音語に漂うリスペクト

  7. 【鬼筆のスポ魂】中田は太り、清宮はやせた…崖っぷち2人の今季は果たして

  8. 【衝撃事件の核心】四半世紀も監禁された息子 親の責任感と孤立の末

  9. 【一聞百見】「四季」に宿る願いを背負って 劇団四季・吉田智誉樹社長

  10. 徳島市長のリコール署名開始 市政運営批判の市民団体