東京、大阪に2月以降開設 自衛隊接種で防衛省調整

昨年11月まで開設していた自衛隊の大規模接種センター=東京都千代田区
昨年11月まで開設していた自衛隊の大規模接種センター=東京都千代田区

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種の加速化に向け、政府が再び開設する方針を固めた自衛隊運営の大規模接種センターは、昨年と同様、東京と大阪の2カ所に置く方向で調整していることが11日、防衛省関係者への取材で分かった。昨年は4月に当時の菅義偉首相が指示を出してから開設まで約1カ月かかった。今回も新たに会場の選定や契約手続きなどが必要で、開設時期は2月以降となる見通し。

防衛省関係者によると、東京は昨年と同じ、東京都千代田区の「大手町合同庁舎3号館」を軸に選定作業をしている。エレベーターが老朽化し使用できない可能性があり、昨年より使うフロアを減らす案を検討している。

大阪は、昨年の会場になった大阪市北区の府立国際会議場(グランキューブ大阪)はイベントなどの予約で埋まり、使用が難しい。大阪市中心部の交通の便が整っている場所などを確保できないか調査している。