静岡県内観光割引「元気旅Ⅱ」開始1日で停止に

県庁内の旅行代理店窓口にはられていた「元気旅Ⅱ」の案内チラシ=11日(田中万紀撮影)
県庁内の旅行代理店窓口にはられていた「元気旅Ⅱ」の案内チラシ=11日(田中万紀撮影)

静岡県は11日、同日再開したばかりの県内観光促進事業「今こそしずおか元気旅Ⅱ」について、12日から新規受け付けを停止すると発表した。新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大で同日、国基準の感染状況の評価レベルを「2(警戒強化)」に引き上げたため。

わずか1日での停止に、川勝平太知事はこの日の定例記者会見で「予測を誤ったというぐらいの急速なオミクロン株の拡大に驚いている。申し訳ないけれども元気旅はできない」と陳謝した。

この事業は、県内の宿泊旅行で1人1泊最大5千円、日帰りツアーでは1人最大5千円が補助されるとともに、1人最大2千円分の地域クーポンが付与される制度。11日までに予約を終えている旅行は、引き続き割引対象とした。

新型コロナ禍で打撃を受けた観光事業者の支援策として、最初の「元気旅」は感染が一段落した昨年10月18日から県民限定で始まり、年末年始を挟んで今月11日からは国が示したワクチン・検査パッケージを活用する「元気旅Ⅱ」として同月31日まで、対象を隣接する山梨、長野、神奈川の各県民にも拡大して開始されたばかりだった。