鉄道風景いまむかし

コロナ禍で駅弁業者に逆風 衝撃だった初の千円弁当

昭和40年に販売が開始された淡路屋の「肉めし」。神戸名物として全国的な人気を誇る(淡路屋提供)
昭和40年に販売が開始された淡路屋の「肉めし」。神戸名物として全国的な人気を誇る(淡路屋提供)

新型コロナウイルス禍のもと、鉄道の利用者は大幅に減少した。その影響はさまざまな業界に波及し、そのひとつが駅弁業界だ。

神戸の名物駅弁「肉めし」で知られる老舗業者の「淡路屋」(神戸市)はコロナ前より年間売り上げは4割ほど減少。そこで同社は新商品として、年間売り上げ50万個を誇る人気駅弁「ひっぱりだこ飯」などの冷凍弁当を開発し、全国各地からのお取り寄せに対応できるようにした。また、ひっぱりだこ飯の壺型の容器のフタを売り出したところ、これまで1万個以上売れたという。柳本雄基副社長(40)はユニークな試みについて「あがくしかない。そのとき売れるものを考えないともたない」と説明する。

新型コロナ以外にも、この業界には逆風が吹く。列車のスピードアップ、乗り換え時間の短縮による販売機会の減少、そしてコンビニの進出など。柳本さんは「昭和の時代は400社あった業者で現在、まともにやっているのは80社ぐらい。駅弁よりスーパーや給食事業の方が売り上げが高いところもある」と話す。

ランキング

  1. 【衝撃事件の核心】四半世紀も監禁された息子 親の責任感と孤立の末

  2. 維新・松井代表 菅直人氏は「人として問題」

  3. 白バイから逃走バイクの男性、電柱ワイヤに激突し体が切断され即死 神戸

  4. 阪高環状線でトレーラー横転、通行止め 大阪

  5. 徳島市長のリコール署名開始 市政運営批判の市民団体

  6. 「値段下がってない」苦情にガソリンスタンド困惑 抑制策の効果は時差も

  7. 1000勝間近の「いぶし銀」、現役続行かけた対局へ

  8. 障害者虐待で看護師7人を解雇 広島の施設

  9. 頭に包丁刺され伯父死亡、殺人未遂疑いで男逮捕 山口

  10. 高校生連れ去り監禁疑い 少年3人逮捕 滋賀