A東京辞退、川崎準決勝へ バスケ男子全日本選手権

日本バスケットボール協会は11日、選手が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したために中止となった5日の天皇杯全日本選手権準々決勝の川崎―A東京は代替試合を実施しないと発表した。所属選手に複数の陽性者などが出たA東京から出場辞退の申し出があり川崎の不戦勝が決まった。

同じ準々決勝で中止になった琉球―信州は19日午後7時半から沖縄アリーナで観客を入れずに代替試合を行う。

川崎は2月9日の準決勝で宇都宮と対戦する。