北日本、北陸で暴風雪恐れ 交通障害に警戒

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

急発達する低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本と北陸では14日ごろにかけて荒れた天気になり、海は大しけになりそうだ。気象庁は11日、暴風雪や吹きだまり、大雪による交通障害や高波に警戒を呼び掛けた。北海道では高潮にも厳重な警戒を求めている。

気象庁によると、日本海北部と関東の東の海上にある低気圧が、急速に発達しながら北海道付近に進み、14日ごろにかけて日本付近は強い冬型の気圧配置になる。

12日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は、北海道、東北25メートル(35メートル)、北陸23メートル(35メートル)で、13日は北海道20~24メートル(30~40メートル)。12日にかけての波の高さは東北、北陸8メートル、北海道7メートルで、13日は北海道、東北、北陸で6メートルを見込む。

12日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い場所で東北70センチ、北海道、北陸60センチ、近畿40センチ。その後の24時間は東北、北陸40~60センチ、北海道、近畿30~50センチ。大雪は14日も続く恐れがある。