【フォト特集】体操内村が現役引退 個人総合五輪2連覇

東京五輪2020体操男子、内村航平の鉄棒=2021年7月、有明体操競技場(川口良介撮影)
東京五輪2020体操男子、内村航平の鉄棒=2021年7月、有明体操競技場(川口良介撮影)

体操ニッポンのエースとして2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪で男子個人総合2連覇などを成し遂げた内村航平(33)=ジョイカル=が現役を引退すると11日、所属事務所が発表した。近く記者会見を開く。新型コロナウイルス禍で1年延期となった昨夏の東京五輪は両肩痛の影響で種目別の鉄棒に絞り、4大会連続出場したものの予選落ち。昨年10月に出生地の北九州市で行われた世界選手権では6位に終わっていた。

男子個人総合で金メダルを獲得し表彰台で笑顔の内村航平=2016年08月10日、リオ五輪アリーナ(撮影:大橋純人)
男子個人総合で金メダルを獲得し表彰台で笑顔の内村航平=2016年08月10日、リオ五輪アリーナ(撮影:大橋純人)


計6種目で争われる個人総合では無類の強さで五輪と世界選手権を合わせて8年連続世界一に輝き、08年全日本選手権から17年NHK杯まで国内外の大会で40連勝も記録した。難しさと美しさを兼ね備えた演技で高い総合力を持ち「キング」の異名を誇った。

リオデジャネイロ五輪の体操男子個人総合で金メダルを獲得した内村航平の演技。(左上から時計回りに)あん馬、鉄棒、床運動、つり輪、平行棒、跳馬=2016年8月(共同)
リオデジャネイロ五輪の体操男子個人総合で金メダルを獲得した内村航平の演技。(左上から時計回りに)あん馬、鉄棒、床運動、つり輪、平行棒、跳馬=2016年8月(共同)
男子個人総合決勝で金メダルが決まり、ガッツポーズする内村航平  =2016年08月10日、リオ五輪アリーナ(撮影:桐山弘太)
男子個人総合決勝で金メダルが決まり、ガッツポーズする内村航平  =2016年08月10日、リオ五輪アリーナ(撮影:桐山弘太)


2012年8月、ロンドン五輪の体操男子個人総合決勝で、つり輪の演技をする内村航平(共同)
2012年8月、ロンドン五輪の体操男子個人総合決勝で、つり輪の演技をする内村航平(共同)
2018年の世界選手権で銀を獲得した内村航平=2018年11月3日、ドーハ(AP)
2018年の世界選手権で銀を獲得した内村航平=2018年11月3日、ドーハ(AP)
体操世界選手権 鉄棒の演技を終えた内村航平=2021年10月20日、北九州市立総合体育館
体操世界選手権 鉄棒の演技を終えた内村航平=2021年10月20日、北九州市立総合体育館