林外相、北への抗議明言せず 「しかるべく対応」

林芳正外相
林芳正外相

林芳正外相は11日の記者会見で、北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたことに対する外交ルートでの抗議について「発射事案の詳細について現在分析中で、情報収集分析の結果も踏まえてしかるべく対応していきたい」と明言を避けた。

一方で林氏は北朝鮮によるミサイル発射が5日にも行われていることに触れ「北朝鮮が継続してミサイル発射を行っていることは極めて遺憾だ」と非難した。そのうえで「日米、日米韓で緊密に連携するとともに国際社会とも連携しながら、関連する国連安全保障理事会決議の完全な履行を進め、北朝鮮の完全な非核化を目指す」と強調した。

林氏はまた、敵基地攻撃能力の保有に関して「敵基地攻撃能力を含むあらゆる選択肢について検討するという岸田文雄首相の指示が出ている。この指示を踏まえて関係省庁とも協力しながら、しっかり進めていきたい」と述べた。