FRBのクラリダ副議長が14日に辞任 株売買に批判

FRBのパウエル議長=2021年12月、ワシントン(AP)
FRBのパウエル議長=2021年12月、ワシントン(AP)

米連邦準備制度理事会(FRB)は10日、クラリダ副議長が14日付で辞任すると発表した。今月末の任期満了で退任予定だったのを前倒しした。クラリダ氏をめぐっては、2020年に利益相反が疑われる株式売買を行ったことへの批判が出ていた。

バイデン米大統領は既に、クラリダ氏の後任としてブレイナード理事を次期副議長に指名している。議会上院での指名公聴会を経て、承認されれば就任する。(共同)