正論

「白船」襲来と日本国政の危機に 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

沖縄県・尖閣諸島周辺には、中国海警局船が連日侵入している(仲間均氏撮影)
沖縄県・尖閣諸島周辺には、中国海警局船が連日侵入している(仲間均氏撮影)

ある日突然、日本列島の沖に外国籍の船が現れる。お互いの平和と繁栄のために来ている、とその外国の指導者が船の動きを説明する。が、威嚇の様子が一目瞭然。お互いの平和どころか、西太平洋で新秩序を実現することが目的ではないか。ほら、一つ一つ、周りの国々がその船の持ち主である外国の属国になっている。

ジェイソン・モーガン氏
ジェイソン・モーガン氏

だが、長年平和ボケしている日本の政府が対応に迷う。今まで通りやればなんとかなる、と日本の官僚層がエンドレスに、たらい回しにする。日本は果たして間に合うのか。独立を守れるのか。不安が漂う。先が見えない。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】時代とずれた価値観の強制 イスラム思想研究者・飯山陽

  2. 【石平のChina Watch】「習氏ボイコット」が始まった

  3. 【主張】日米首脳会談 「核抑止」の欠落は疑問だ

  4. 【産経抄】1月23日

  5. 【主張】東証の市場再編 投資呼び込む魅力高めよ

  6. 【日曜に書く】人類はわずか30年後に滅亡し、進化形「ホモ・AIエンシス」が誕生する 論説委員・長辻象平

  7. 【正論】画期的な「旧宮家からの養子」案 国士舘大学特任教授、日本大学名誉教授・百地章

  8. 【国語逍遥(93)】創作漢字 「バーチャル」を漢字一文字にするならば… 清湖口敏

  9. 【主張】尾身氏の発言 いたずらに混乱させるな

  10. 【石平のChina Watch】「歴史決議」で見えた習主席の限界