速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

世界の論点

ウクライナめぐり米露が駆け引き

バイデン米大統領(モニター内)とのオンライン形式での首脳会談に臨むロシアのプーチン大統領 =12月7日、ロシア南部ソチ (ロイター)
バイデン米大統領(モニター内)とのオンライン形式での首脳会談に臨むロシアのプーチン大統領 =12月7日、ロシア南部ソチ (ロイター)

ロシア軍が国境付近に大規模展開するウクライナ情勢をめぐり、米露首脳は先月7日と30日、オンライン形式と電話での会談を行い、打開策を探った。露側は北大西洋条約機構(NATO)の東方拡大停止や東欧からの事実上の軍撤収などを要求。到底のめない米側は、露軍がウクライナに侵攻すれば強い経済制裁をロシアに科し、ウクライナを軍事支援すると改めて明言した。今月中旬は米露高官の協議が相次ぐが、妥協点は見いだせるのか、注目される。

□米国

ランキング

  1. 灰色の街、消えた建物 衛星写真で比較するトンガの被災前と後

  2. ジョコビッチ選手、全仏も出場困難? 仏ワクチン新法成立で

  3. WHO オミクロン株 日本の対応を「理解困難」と批判 感染力の情報は「数日以内」に

  4. 【斎藤勉のソ連崩壊と今】中露、カザフを「共謀の舞台」に 露の部隊急派「プラハの春」再来

  5. トンガ沖噴火 最大8万人に影響か 現状把握へ豪州など軍用機派遣 各国が支援表明

  6. 北朝鮮が日本にミサイルを発射したらどうなるのか 軍事アナリストが教える有事の対処法

  7. 【画像比較】衛星データで見るトンガ沖噴火

  8. 【新時代】AI・宇宙・核融合、技術覇権を狙う超大国…中国 予算潤沢、国家ぐるみ

  9. ディオール写真に批判殺到 「中国人侮辱」で撤回

  10. 中国工作員が「政治介入」 英議員に献金、MI5警告