「吉原」の歴史、創業120年…馬肉の名店「中江」奥深き味

ランチで提供される桜鍋。少し赤みが残っているくらいが食べ頃だという=東京都台東区(酒巻俊介撮影)
ランチで提供される桜鍋。少し赤みが残っているくらいが食べ頃だという=東京都台東区(酒巻俊介撮影)

冷え込みが厳しくなってきた。この季節にふさわしい食べ物といえば「鍋」が王道だろう。すき焼き、しゃぶしゃぶ、ちゃんこ…、種類や具材はさまざまだ。そのなかで、「馬力」をつけられる、と伝えられてきたのが、明治の東京で生まれたとされる「桜鍋」。その老舗を訪ねた。

東京メトロ日比谷線三ノ輪駅から、通りを歩くこと約10分。大正時代に建てられ、国の有形文化財に指定されている「桜なべ 中江」の趣ある木造建築の店が見えてくる。創業は今から120年ほど前の明治38年。創業当時、周辺には「吉原遊郭」が栄え、桜鍋の店がひしめいていたという。

風情漂う店構え。大正時代に建てられ、有形文化財にも指定されている
風情漂う店構え。大正時代に建てられ、有形文化財にも指定されている

桜鍋は「牛鍋」と同じく、明治の文明開化で肉食文化の広まりとともに生まれた。牛鍋に対して、吉原周辺では農耕用の馬が多く飼われていたなどの事情もあり、馬肉が使われたようだ。

4代目店主の中江白志(しろし)さん(58)は「創業のころは20~30軒の桜鍋の店があったが、この店だけが残っている」と話す。昔は遊郭を行き帰りする客が「精をつける」ため、桜鍋の店に立ち寄ったのだという。

桜鍋は馬肉のほかに焼き豆腐、シメジ、しらたきなどを割り下とともに煮込み、生卵に絡めて食べる。割り下には隠し味として味噌(みそ)だれが入っているという。これは中江さんの曽祖父である初代店主の「牛と馬は肉の質が違うから、馬には馬の味付けが必要ではないか」との発案によるものだ。

土日や祝日には、桜鍋に一品料理も付いたランチメニューを提供しており、その中の「中江昼膳」(2980円)をいただいた。

ぐつぐつと鍋が煮えるにつれて、食欲をそそる香ばしい匂いが漂いだす。馬肉は少し赤みが残っているくらいが食べ頃だそうだ。ちょっとクセがあるのかな、という予想は見事に裏切られた。肉はとてもジューシーで、伝統の割り下が肉からのうまみを引き立てている。

肉と野菜を堪能した後は、汁が残っている鍋に卵を投入。これを白いご飯の上にかけて食べる。肉と野菜が染み出た滋味が卵に溶け込み、米との相性は抜群だった。