千田嘉博のお城探偵

明治にできた西洋と日本式のハイブリッド城郭 園部城(京都府南丹市)

園部城本丸の櫓門。2階の壁の両端に大筒用の四角い狭間が備えられている=京都府南丹市(筆者撮影)
園部城本丸の櫓門。2階の壁の両端に大筒用の四角い狭間が備えられている=京都府南丹市(筆者撮影)

京都府南丹市にある園部城は、1619(元和5)年に一帯の領主になった小出吉親が築城を開始して、今見る城の原形ができた。園部に入った吉親は2万8千石の石高をもっていた。だから園部に城を築いてよいはずだった。ところが江戸幕府は城を認めず、堀や石垣は許しても櫓(やぐら)は建てさせなかった。すでに豊臣家はなく、江戸幕府は諸大名に対して新たな築城を制限していたからである。こうして2年後に城ではなく陣屋が完成した。

陣屋としてできたというと、規模も小さく本格的な備えをもたなかったように聞こえる。ところが完成した園部陣屋は、本丸の北西にある小麦山を城域に取り込み、周囲に配した武家屋敷とともに堀と土塁の惣構えで囲い込んだ。陣屋の町は木崎川(園部川)沿いにあって街道を取り込み、町への出入り口には枡形を配置した。つまり全体の規模やかたちは陣屋というより城そのもので、城と公称できなかったのはまさに「大人の事情」だった。

それにしても江戸幕府が櫓のあるなしで城と陣屋を分けたというのは興味深い。先に記したように園部陣屋は城としての実態を備えていた。櫓がないから陣屋というのは、あまりに形式的な判断である。しかし今も昔も許認可や給付金支出にあたっての線引きは必要である。櫓がないから陣屋とした背景に、幕府官僚の苦心もあったと思う。

しかしある基準で線引きされて不許可・不支給となると、社会に分断が起き、持たざる者の心には不公平感が募る。園部藩の場合もまさにそうだった。陣屋を城にという思いは、歴代藩主と家臣たちの悲願になった。幕末の1864(元治元)年に園部藩は櫓門3棟、櫓9棟などの新築を幕府に願い出た。しかしこの申請は却下された。

園部藩はそれでもあきらめず1867(慶応3)年10月、ついに幕府から城郭建設の内諾を得た。ところが同月に将軍徳川慶喜が大政奉還をしたため、築城してよいか分からなくなった。園部藩はそれでもあきらめず1868(慶応4)年、明治新政府に改めて櫓門3棟、櫓5棟の建設を申請してついに認められ、翌1869(明治2)年に建物が完成して悲願の園部城になった。

園部城は明治になってできたので、これまで実質的な城としての機能はないと評価されがちだった。しかし城に取り込んだ小麦山は周辺を制圧する砲台として機能して、敵を寄せ付けなかった。こうした設計は幕末に松前藩が北海道厚沢部(あっさぶ)町に築いた館城(たてじょう)と共通した。

また現存する本丸の櫓門は、2階の櫓の天井が低く使いにくいので実用性がないといわれてきた。しかしこの設計は、敵の砲撃の的にならないように櫓部分を低く構え、その一方で大筒用の狭間(さま)(射撃用の穴)を備えて効果的な防御拠点にしたからだった。つまり園部藩の人々は、西洋の築城術も取り入れて、大砲戦に対処できる日本式の城を目指した。園部城はまさに最後の日本式城郭にふさわしいハイブリッド城郭だったと評価を一新したい。

(城郭考古学者)

園部城 明治時代になってから完成した国内最後の城として知られる。城としての機能を果たす期間は短く、明治4年に廃藩置県で園部藩は園部県となり、県庁が設置された。やがて園部県も京都府に編入されるなどし、その後、城の敷地や建物は払い下げられた。城の中心部は現在、京都府立園部高校や付属中学校の敷地となり、櫓門などは校門として活用されている。