将棋王将戦、藤井四冠5冠に向けて白星発進

対局を終え渡辺明王将と感想戦を行う藤井聡太四冠=10日午後、静岡県掛川市(代表撮影)
対局を終え渡辺明王将と感想戦を行う藤井聡太四冠=10日午後、静岡県掛川市(代表撮影)

将棋の渡辺明王将(37)=名人・棋王=に藤井聡太四冠(19)=棋聖・竜王・王位・叡王=が挑戦する第71期王将戦七番勝負の第1局は10日、静岡県掛川市で2日目が指し継がれ、先手の藤井四冠が139手で勝ち、初の王将奪取に向けて白星スタートを切った。第2局は22、23の両日、大阪府高槻市で行われる。

タイトル戦史上初の4冠対3冠の頂上決戦となった今シリーズ。4連覇を目指す渡辺王将と4人目の5冠が懸かる藤井四冠との開幕局は飛車先の歩を突き合う相掛かりとなった。スローペースの1日目と同様、2日目も静かに進行。互角のまま終盤戦に突入して両者ともに1分将棋に。その後も熱戦で二転三転する難解な局面が続いたが、最後は渡辺王将の攻めを受け切った藤井四冠が押し切った。両者の対戦成績は藤井四冠の9勝2敗となった。

終局後、藤井四冠は「終盤、自分にミスはあったと思うが、最後まで分からなかった。(本局の)内容をしっかり振り返って次につなげたい」、渡辺王将は「終盤、チャンスがあると思って指していたが、攻め方が良くなかった」とそれぞれ語った。