露主導CSTOが臨時サミット カザフ介入を評価

オンライン開催された集団安全保障条約機構(CSTO)の緊急首脳会議に参加するロシアのプーチン大統領=10日(タス=共同)
オンライン開催された集団安全保障条約機構(CSTO)の緊急首脳会議に参加するロシアのプーチン大統領=10日(タス=共同)

【モスクワ=小野田雄一】中央アジアの旧ソ連構成国、カザフスタンで起きたデモで、同国に平和維持部隊を派遣したロシア主導の「集団安全保障条約機構」(CSTO)は10日、オンライン形式で臨時の首脳会談(サミット)を開き、CSTOの部隊派遣がカザフの秩序回復に貢献したとの認識を共有した。

カザフのトカエフ大統領は「デモの混乱に乗じて外国人を含むテロ集団が破壊工作をした」とする従来の主張を改めて表明。武力鎮圧は正当だったとの認識を示した。ただ、カザフ側は現時点までに「テロ集団」の関与を示す具体的な証拠を提示していない。トカエフ氏は「CSTO部隊の支援により、都市の奪還に成功した」とも評価した。

プーチン露大統領も「カザフは国際テロの攻撃を受けた」と同意。部隊派遣は「迅速かつ効果的だった」とし、部隊派遣でCSTOは「外部から国を揺るがす事態を容認しないという意思を示した」と述べた。

カザフは従来、ロシアや中国、欧米諸国などとの間でバランスを取る「全方位外交」を進めてきたが、CSTO部隊の受け入れにより、ロシアの発言力が拡大するのは確実だ。