73歳男性がK-1デビューへ 「青春が戻った」

73歳でK-1にデビューする佐野茂男さん(左)とジムの塚原圭会長=山梨県南アルプス市(平尾孝撮影)
73歳でK-1にデビューする佐野茂男さん(左)とジムの塚原圭会長=山梨県南アルプス市(平尾孝撮影)

キックボクシングをベースにした打撃系格闘技の「K-1」に、山梨県在住の73歳の男性が今月デビューする。空手経験者とはいえ、K-1を始めたのは昨年4月から。しかし、ジムの会長もその熱意には舌を巻くほどで、年齢からは考えられないほどの厳しい練習も怠らない。K-1の歴史上、最高齢での出場となる見通しだが、本人は「デビュー戦で緊張はするが、勝利で飾るイメージしかない」と、闘志をみなぎらせている。

ハードなトレーニング

同県南アルプス市のキックボクシングジム「T-GYM」のリングで、K-1のプロ選手だった同ジムの塚原圭会長(51)相手にスパーリングする男性。今月23日に、東京都新宿区のGENスポーツパレスで開催されるK-1のアマチュア大会でデビューする、同県身延町の佐野茂男さん(73)だ。パンチとキックを繰り出しながら、佐野さんは相手に圧力をかけ、一歩も引かず、前へ前へと押し込んでいく。

佐野さんのトレーニングの日課はこうだ。午後3時すぎにジムに到着すると、まず設置されているマシンで約40分、距離にして約8キロをランニング。その後ストレッチ、腕立て伏せ、腹筋、首周りの筋肉のトレーニング、重いロープを鞭のようにしならせるトレーニング、リングでシャドーボクシングやミット打ち。そしてスパーリングで1ラウンド3分を2ラウンド。

さらに帰宅してから、ガレージに置いてあるサンドバッグを相手に拳を鍛えるというハードな内容だ。