機械に挟まれ2人死亡 東京・府中の工場

警視庁
警視庁

9日午後2時ごろ、東京都府中市四谷のアスファルト製造販売会社「多摩アスコン」の工場で、40代と20代の男性作業員2人がアスファルトをかき混ぜる機械のメンテナンス中、内部で挟まれたと119番通報があった。2人は約2時間半後に救出されたが死亡が確認された。

警視庁府中署は機械が起動した原因を調べている。工場はJR南武線西府駅から南西約2キロの多摩川沿いにある。