Facebookからアルゴリズムを排除したら“世界”はどう見えてくるのか

フェイスブック元社員の内部告発により、安全より利益を優先するアルゴリズムの問題が注目されているFacebook。実はニュースフィードからアルゴリズムによる操作を排除し、「最新投稿順の表示」に変更することが可能だ。そんな“健全”なニュースフィードを試してみると、世界はいったいどのように見えてくるのか?

TEXT BY BRIAN BARRETTTRANSLATION BY NORIKO ISHIGAKI

WIRED(US)

フェイスブックは崩壊している──。フェイスブック(現在の社名はメタ・プラットフォームズ)を内部告発したフランシス・ホーゲンは、そう語っている。Facebookがもたらす“病”は若者のメンタルヘルス問題からエチオピアの民族間の暴力まで幅広いが、その原因は同社のアルゴリズムにあると証言したのだ。

フェイスブックが抱えるさまざまな問題をまとめて解決できる策など存在しない。それは社名を変えてもだろう。しかし、元社員でシビック・インテグリティチームに在籍していたホーゲンが掲げたある提言は、注目に値する。

「わたし自身は(Facebookの投稿を)逆時系列順に並べていく、つまり最新の投稿から順に表示してスパム広告の表示を少し下位に下げる方式を強く支持します」と、ホーゲンは米上院小委員会で10月に語っている。「わたしたちに必要なものは、人間の尺度で人が対話できるソフトウェアです。誰の発信を目にするのかをコンピューターが決めるソフトウェアではありません」

アルゴリズムからの脱却

想像してみてほしい。人が対話をする──つまりホーゲンの提案とは、フェイスブックが仕掛けたアルゴリズムという“魔術”のお告げによる順番ではなく、ユーザーが投稿した順にコンテンツがニュースフィードに表示される世界なのだ。

その世界では、表示されるコンテンツが「いいね」やコメントに左右されない。すべては投稿された時間順になる。そうなると、炎上中の投稿がアルゴリズムによって上位に表示されてしまう事態も起きない。

これは決して過激な意見ではない。Instagramがフィード上に表示される内容にアルゴリズムを介入させたのは2016年になってからだ。Twitterは同じ年に最新ツイートの新着順表示をとりやめたが、2年後には選択できるかたちで復活させている。

そしてFacebookでも、いますぐこの場でニュースフィードをアルゴリズムから切り離すことはできる。この10月に実際に試してみたのだ。

公正を期すために言っておくと、この選択肢をフェイスブックは隠しているわけではない。PCのウェブブラウザーから見ている場合は、画面の左側に縦に並ぶアイコンから「最新情報」を選べばいい。モバイル端末のアプリなら、右下のメニューから「最近・お気に入り」を選ぶ。

ただし、フェイスブックが注意を促している通り、この表示方法は一時的なものだ。ヘルプセンターの注意書きには、次のように書かれている。「最近の投稿から順に表示するようにニュースフィードを並び替えることができますが、最終的にはデフォルト設定に戻ります」(あるいは「facebook.com」の代わりにこのリンクからFacebookにアクセスすれば、アルゴリズムによるランキングに左右されない表示になる)