「見せかけの爆弾作った」 立てこもり容疑の男供述

警察官が刃物を持った男が立てこもる飲食店に突入した=9日午前0時8分、東京都渋谷区(春名中撮影)
警察官が刃物を持った男が立てこもる飲食店に突入した=9日午前0時8分、東京都渋谷区(春名中撮影)

東京都渋谷区の焼き肉店立てこもり事件で、逮捕監禁容疑で現行犯逮捕された住所・職業不詳、荒木秋冬容疑者(28)が「見せかけの爆弾を作った。警察に捕まって人生を終わらせたかった」と供述していることが9日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、警視庁は現場から牛刀や果物ナイフを押収し、銃刀法違反の疑いを視野に調べる。箱状の物3つも見つかり、粘着テープが巻かれたり携帯電話が取り付けられたりしていた。荒木容疑者は事件直前に人質とした男性店長(49)に「爆弾を起動した」などと記したメモを渡しており、警視庁が鑑定を進めている。

荒木容疑者は1月8日夜、渋谷区代々木1丁目の焼き肉店「焼肉牛星代々木店」で、男性店長を人質に立てこもったとして、翌9日午前0時すぎに逮捕された。店長にけがはなかった。