女子の鈴木は6位 スキーW杯HP

フリースタイルスキーのワールドカップ(W杯)は8日、米カリフォルニア州マンモスマウンテンでハーフパイプ(HP)が行われ、女子の鈴木沙織(城北信用金庫)が85・00点で6位に入った。谷愛凌(中国)が97・50点で優勝した。男子はニコ・ポーティアス(ニュージーランド)が制した。

鈴木は25人の北京冬季五輪出場枠を争うランキングで上位に入った。全日本スキー連盟が定めた五輪派遣基準もクリアしており、2大会連続となる五輪代表入りの条件を満たした。(共同)