女子大生が浴室で死亡 事件と事故の両面で捜査 警視庁

警視庁外観=東京都千代田区
警視庁外観=東京都千代田区

9日午後3時5分ごろ、東京都板橋区大谷口上町のマンション一室の浴室内で住人の大学2年生、古山瑠花(るか)さん(20)が倒れているのを両親が見つけ、110番通報した。警視庁の警察官が駆け付けたところ古山さんはすでに死亡。顔や腕などにあざがあり、板橋署は事件と事故の両面で調べている。

古山さんは1人暮らし。家族が6日午後10時ごろに携帯電話のアプリでやりとした後、連絡が取れなくなっていた。心配した両親が合鍵で室内に入った。荒らされたような形跡はなかったという。