春高バレー

女子・古川学園(宮城)2年・高橋陽果里(ひかり) 攻守の要「三度目の正直」照準に

【第74回春の高校バレー】女子決勝の就実(岡山)戦で、攻守に躍動した古川学園の高橋陽果里(3)=9日、東京体育館(長尾みなみ撮影)
【第74回春の高校バレー】女子決勝の就実(岡山)戦で、攻守に躍動した古川学園の高橋陽果里(3)=9日、東京体育館(長尾みなみ撮影)

拾ってつなぎ、要所で決める。体幹の強さが持ち味だ。攻守に安定した活躍でチームを支え、岡崎監督は「器用さを生かし、よくやってくれた」と褒めた。

1年生のときはリベロとしてレシーブに専念し、春高にも出場。2年生になるとスパイク力の高さを買われ、アタッカー陣のうちセッターの対角に位置する「オポジット」に起用された。コンビバレーの重要なポジションだけに「展開を常に意識しながらプレーした」という。決勝でもラリーの中でチャンスを捉え、幾度も強打を決めた。

日本一は逃したが、昨夏の高校総体で敗れた下北沢成徳(東京)に準決勝で雪辱を果たし「自信につながった」と笑顔を見せる。

視線は既に前を向く。「2週間後には県新人戦が始まる。他校を圧倒していく」。その先にあるのは〝三度目の正直〟でつかむ春高の頂点だ。(山沢義徳)