春高バレー

男子準決勝 日本航空(山梨)チームに勢い 初の決勝進出を決める

【第74回春の高校バレー】男子 準決勝 日本航空(山梨)対雄物川(秋田) 第3セット スパイクを放つ日本航空の小林柊司(4)=8日、東京体育館(桐山弘太撮影)
【第74回春の高校バレー】男子 準決勝 日本航空(山梨)対雄物川(秋田) 第3セット スパイクを放つ日本航空の小林柊司(4)=8日、東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は8日、東京体育館(東京都渋谷区)で準決勝4試合が行われた。山梨県代表の男子・日本航空は雄物川(秋田)と対戦。安定した試合運びでストレート勝ちを収め、初の決勝進出を果たした。9日の決勝では鎮西(熊本)と日本一の座を争う。

王座まであと一歩に迫った。前半は雄物川の積極的な攻撃に押されて一進一退の展開を見せたが、流れが変わったのは14―15の第1セット後半。エース前嶋が鮮やかな強打で3点を連取し、一気に引き離した。「落ち着いていて、相手もよく見えた」と、前嶋は振り返る。

第2セットに入ると、チームの勢いが加速した。前嶋に加えて「打ちたがり」を自認する利川や渡辺の速攻、小林の時間差攻撃などが決まり、堅守も相まって終始リードを保った。第3セットでも久保田のサービスエースが決まるなどしてゲームを支配。月岡監督が「トスをうまく割り振って流れができた」とたたえたセッター樋口の巧みな采配が、決勝へ導いた。

「プレー中も足りないところを仲間同士で話し合っている」(小林)という結束がもたらした勝利。試合を終えた選手は口々に「楽しく戦えた」と笑顔を見せた。(内田優作)

○日本航空・月岡裕二監督「選手が持ち味を出し、各セットで主導権を握るゲームができた。鎮西との戦いにはわくわくする」

○日本航空・前嶋悠仁(ゆうと)主将「自分たちは挑戦者。決勝では全国高校総体王者の鎮西を相手に、どんなプレーができるか、楽しみだ」