速報

速報

国内感染者が過去最多 新型コロナ「第6波」

春高バレー

男子の鎮西が決勝一番乗り 日南振徳を振り切る

鎮西(熊本)対日南振徳(宮崎) 勝利して喜ぶ鎮西・舛本颯真(4)ら=8日、東京体育館(撮影・甘利慈)
鎮西(熊本)対日南振徳(宮崎) 勝利して喜ぶ鎮西・舛本颯真(4)ら=8日、東京体育館(撮影・甘利慈)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は8日、東京都渋谷区の東京体育館で、準決勝が行われた。

男子は、昨夏の高校総体を制した鎮西(熊本)と初出場の日南振徳(宮崎)が対戦。第1セットは鎮西が終盤にブロックを決めるなど日南振徳を突き放して先取。第2セットも鎮西が追いすがる日南振徳を振り切って連取した。第3セットも、鎮西が序盤からリードして試合を優位に進め、一番乗りで決勝進出を決めた。

▷男子準決勝

鎮西(熊本)3-0日南振徳(宮崎)

日本航空(山梨)-雄物川(秋田)

▷女子準決勝

就実(岡山)-金蘭会(大阪)

古川学園(宮城)-下北沢成徳(東京)