春高バレー

勢い止まらぬ日本航空 総体覇者との決勝「楽しみ」

【第74回春の高校バレー】男子 準決勝 日本航空(山梨)対雄物川(秋田) 第1セット、得点して喜ぶ日本航空の前嶋悠仁(1)=8日、東京体育館(撮影・甘利慈)
【第74回春の高校バレー】男子 準決勝 日本航空(山梨)対雄物川(秋田) 第1セット、得点して喜ぶ日本航空の前嶋悠仁(1)=8日、東京体育館(撮影・甘利慈)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われるバレーボールの第74回全日本高校選手権(産経新聞社など主催)は8日、東京体育館で準決勝が行われ、男子は日本航空(山梨)が雄物川(秋田)にストレート勝ちした。

日本航空が止まらない。準々決勝で前回王者の東福岡を破った勢いに乗って、雄物川を圧倒。初めて立った準決勝からのセンターコートでも伸び伸びとプレーした。月岡裕二監督は「全員が持ち味を発揮してくれた」と目尻を下げた。

多彩な攻撃で翻弄した。小林柊司(とうじ)(3年)は強打を決め、利川慈苑(じあん)(3年)は速攻を相手コートに突き刺した。要所ではエースの前嶋悠仁(ゆうと)(3年)が硬軟織り交ぜたプレーで巧みに得点を重ねた。アタックでは前嶋が15点、小林が11点、利川が8点。バランスよくボールを散らし、試合の主導権を握り続けた。

新型コロナウイルスの校内クラスターの影響で、昨夏の高校総体は県予選を辞退した。決勝で総体覇者の鎮西とぶつかる。「王者にどのくらいのプレーができるのか。楽しみ」と前嶋。失意の夏から磨き上げた粘りのバレーで、初優勝をつかみ取る。(川峯千尋)