篠原涼子、橋本環奈、松本まりかが令和を生きる女性の“リアル”に迫る

初顔合わせのトークで意気投合する(左から)橋本環奈、篠原涼子、松本まりか(C)フジテレビ
初顔合わせのトークで意気投合する(左から)橋本環奈、篠原涼子、松本まりか(C)フジテレビ

篠原涼子(48)、橋本環奈(22)、松本まりか(37)の3人が令和の時代を生きる女性たちの“リアル”に迫っていく情報バラエティー「オンナの出口調査」(10日後11・30、フジテレビ系)。

番組では、女性が集まる話題のスポットの出口で独自の聞き込みを行い、そこから導き出された調査結果をもとに、それぞれの世代を代表する3女優が思い思いにトークを繰り広げていく。

例えば、女性たちの「出会い」に関する調査では相席ラウンジバー「THE SINGLE」、「別れ」では縁切りで有名な「東海道四谷怪談」のお岩さんをまつる「陽運寺」が登場。ほかに美尻ブーム、オーダーメイドランジェリーの出口調査も。

途中、最年少の橋本から最近のマッチングアプリ事情を聞いた篠原、松本がジェネレーションギャップを感じてしまう場面も見られる。また、下着事情では3人で話が盛り上がり、衝撃の事実が発覚。これぞ“ガールズトーク”ともいえる篠原が驚いた松本の発言とは!?

その篠原は、2月にNetflixで配信がスタートする「金魚妻」で共演した岩田剛典(三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)との撮影秘話を明かしたあと、3人のトークを「楽しい女子会をしている気分で笑顔の絶えない収録だった。VTRも聞いたことがある場所から初めて知った場所まで大変勉強になった」と感想。橋本も「見聞きはしながらも深掘りはしてこなかった話題をお2人と話せて楽しかった」と同調した。

一方の松本は「初めまして、で世代の違う女子会。大丈夫かなと思っていたが、お2人ともチャーミングで話し足りないくらい弾んだ。“酔ったらこんなもんじゃないわよ“という涼子さんがかわいくて、酔わせてもっともっと深い時間までいきたくなった(笑)。女優3人がMCというだけで尖っている気がする。涼子さんと環奈ちゃんのこんな私的なお話が聞けるのはここだけかもしれません」と、まさに“令和に生きる女性のニューノーマル”を目の当たりにしているようだった。

(産経デジタル)