日本のコンパクト・カーの“頑張り”はスゴい! 新型アルト試乗記

フルモデルチェンジした新型スズキ「アルト」に小川フミオが試乗した。日本を代表するベーシック・カーの進化とは?

老若男女、誰にでも

コンパクト・カーには、作られた国が有する独自の環境や社会、文化がいまも色濃く反映されていて興味深い。スズキが2021年12月22日に発売した新型「アルト」もしかり。細かい心くばりで作りあげられた最新のコンパクト・カーは、日本にぴったりな1台だ。

新型アルトは、657ccの直列3気筒ガソリン・エンジン搭載の軽規格の乗用車だ。全長3395mm、全高1525mmのボディは、従来型に対して50mm高く、室内髙も45mm高くなった。

見た目の印象は、従来と比べグッと“キュート”。従来のアルトは、シャープなラインで構成されたスタイリングで、私の印象では、1970年代後半から1980年代にかけての、イタリアのコンパクト・カーを連想させた。

従来型のアルトも、それなりに個性があって、かつ、スポーティな雰囲気を身にまとっていた。が、実際のところ、それが災いしてか、販売面ではテコ入れする必要があったとか。

今回は、「老若男女だれでも乗っていただけるクルマをめざしました」と、スズキで商品企画を担当する前田敦彦さんが、試乗会場で教えてくれた。

力強い発進加速

全体として“ソフト”になった新型アルト。製品戦略上、従来あったスポーティなRSモデルは、今回は企画されていないそうだ。昨今のアルトといえば、ちょっと前のイタリア製ホットハッチを思わせる元気っぷりに好感がもてたものの、すでに過去の話となってしまった。

あたらしいアルトの特徴は、環境性能と操縦安定性、そして乗り心地の向上にある。メーカーは、もっといろいろ挙げているが、私が試乗して感じた印象のリストのトップにくるのは、上記のものだった。