USJで1年遅れの〝成人式〟 大阪市

USJで行われた成人式の代替行事に参加する人たち =8日午後、大阪市此花区(鳥越瑞絵撮影)
USJで行われた成人式の代替行事に参加する人たち =8日午後、大阪市此花区(鳥越瑞絵撮影)

大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)で8日、昨年1月に市内で成人式を迎える予定だった新成人を招待した代替行事「成人の日記念のつどい」が開かれた。

代替行事は8、15日と2日間に分けて実施され、約2万5千人を無料招待。閉園後2時間はアトラクションが貸し切りとなる。市は昨年1月、各区で予定していた成人式を中止。代替措置として同年5月にUSJで開く方向で調整したが、再び感染が拡大したため延期となっていた。

この日は、「ウォーターワールド」で式典を開催。最大収容人数の半分以下に出席者を制限するなどの感染防止対策がとられ、晴れ着姿のキャラクターがダンスを披露して門出を祝った。同市浪速区の大学生、西山陸太さん(21)は「延期もあったけどこの日を迎えられてうれしい」と話していた。