アナログに魅せられて

知の源泉 書店で紡がれる絆 書き手から読者に届ける仲介者

常連客にお薦めの本を紹介する隆祥館書店の二村知子さん(左)=昨年12月、大阪市中央区(恵守乾撮影)
常連客にお薦めの本を紹介する隆祥館書店の二村知子さん(左)=昨年12月、大阪市中央区(恵守乾撮影)

わずか13坪の店内に本や雑誌が所狭しと並ぶ、昭和24年創業の老舗書店「隆祥館(りゅうしょうかん)」(大阪市中央区)。店にやってきた男性に、店主の二村(ふたむら)知子さんが声をかけた。

「何かお探しですか」

「小学2年の男の子向けの読み切りの本を探しているんです」

訪れたのは30年来の常連客、中山洋一さん(62)だった。

求めに応じ、店内からいくつか本をみつくろってみたが、お互いに納得できる本がない。二村さんはそこで、頭の中にある本棚を探すように記憶をたどった。思い浮かんだのは、時代を超えて世界で親しまれる名作を集めた「10歳までに読みたい世界名作」シリーズ。全30作の中から「三国志」を薦めると、中山さんは予約を入れてくれた。

ランキング

  1. 【クローズアップ科学】オミクロン株の実態 共存という「収束」へ

  2. 国内のコロナ感染、連日の5万人超

  3. 【話の肖像画】女優・真矢ミキ(22)身をもって「老い」を教えてくれた母

  4. 新型コロナ、東京の新規感染者9468人

  5. 王将戦第2局、藤井四冠が連勝

  6. 治療というより隔離 大阪の軽症・中等症病院長が語る「第6波」

  7. また繰り返されるコロナ騒動…元国交省技監・大石久和氏が警鐘

  8. オミクロン株症状は のどに痛み、味覚障害少なく

  9. 北海道、蔓延防止措置要請を正式決定

  10. 【話の肖像画】女優・真矢ミキ(21) 広がった視野、情報番組の司会で成長