春高バレー

決勝は女子が就実-古川学園 男子が日本航空-鎮西

【第74回春の高校バレー】女子 準決勝 就実(岡山)対金蘭会(大阪) 第3セット 得点に喜ぶ就実の深沢つぐみ(1)ら=8日、東京体育館(桐山弘太撮影)
【第74回春の高校バレー】女子 準決勝 就実(岡山)対金蘭会(大阪) 第3セット 得点に喜ぶ就実の深沢つぐみ(1)ら=8日、東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は8日、東京都渋谷区の東京体育館で、男女の準決勝計4試合が行われた。

女子は就実(岡山)が強烈なスパイクを次々と決めて金蘭会(大阪)を圧倒。ストレート勝ちで連覇まで残り1勝とした。もう1試合は、古川学園(宮城)が昨夏の高校総体優勝の下北沢成徳(東京)を撃破。第1セットでジュースにもつれ込む接戦を制すると、第2セットは下北沢成徳に奪われたが、第3セット以降、身長195センチのタピア・アロンドラ(2年)がスパイク、ブロックを立て続けに決める活躍をみせて連取し、決勝に進出した。

男子は、昨夏の高校総体を制した鎮西(熊本)と初出場の日南振徳(宮崎)が対戦。第1、2セットとも鎮西が終盤に日南振徳を突き放して連取。第3セットは、鎮西が序盤からリードして試合を優位に進め、決勝へと駒を進めた。日本航空(山梨)と雄物川(秋田)の試合は第1セット、日本航空が終盤に雄物川を突き放して先取。その後も日本航空の粘り強い守備が光り、ストレートで雄物川を退け、初の決勝の舞台を手にした。

この結果、9日の決勝は男子が日本航空-鎮西、女子が就実-古川学園の対戦となった。

▷男子準決勝

鎮西(熊本)3-0日南振徳(宮崎)

日本航空(山梨)3-0雄物川(秋田)

▷女子準決勝

就実(岡山)3-0金蘭会(大阪)

古川学園(宮城)3-1下北沢成徳(東京)