春高バレー

女子準決勝 下北沢成徳(東京) あと一歩及ばず

【第74回春の高校バレー女子準決勝 古川学園(宮城)対下北沢成徳(東京)】第3セット スパイクを放つ下北沢成徳の谷島里咲(1)=8日、東京体育館(桐山弘太撮影)
【第74回春の高校バレー女子準決勝 古川学園(宮城)対下北沢成徳(東京)】第3セット スパイクを放つ下北沢成徳の谷島里咲(1)=8日、東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は8日、東京体育館(東京都渋谷区)で準決勝4試合が行われた。都代表で唯一勝ち残った女子・下北沢成徳は、古川学園(宮城)と対戦。粘り強く競り合ったが1-3で敗れ、決勝進出はならなかった。

決勝の舞台をかけた戦いは1セット目から接戦となった。下北沢成徳は序盤リードするも、終盤に猛追を受け、2度のジュースの末に1セット目を落とす。

第2セットは、2年生エース・谷島やアウトサイドヒッター・浜村の強打が光り、連続得点を重ねて圧倒。9点差をつけてものにした。

だが第3セットは流れが変わる。前衛に回った古川学園の身長195センチ、タピアのブロックと強打に苦戦。下北沢成徳も谷島が壁を打ち破る場面もあったが、連続得点にはならず11点差をつけられて落とし、王手をかけられた。

それでも選手たちは崩れなかった。ミドルブロッカーの古川や谷島、浜村のパワフルな強打で食らいつき、第4セットは23点まで粘るが、あと一歩及ばなかった。

2年の古川は「(昨夏優勝した)高校総体とは、雰囲気や一つ一つのプレーの重みが違った。この悔しさをしっかり生かして、来年は絶対に優勝したい」とリベンジを誓った。