春高バレー

男子の日本航空が粘りの守備で初の決勝 雄物川、力尽きる

日本航空(山梨)対雄物川(秋田) 第3セット、スパイクを放つ日本航空の前嶋悠仁(1)=8日、東京体育館(桐山弘太撮影)
日本航空(山梨)対雄物川(秋田) 第3セット、スパイクを放つ日本航空の前嶋悠仁(1)=8日、東京体育館(桐山弘太撮影)

「ジャパネット杯 春の高校バレー」として行われる第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会は8日、東京都渋谷区の東京体育館で、準決勝が行われた。

男子は、昨夏の高校総体を制した鎮西(熊本)と初出場の日南振徳(宮崎)が対戦。第1、2セットとも鎮西が終盤に日南振徳を突き放して連取。第3セットは、鎮西が序盤からリードして試合を優位に進め、一番乗りで決勝進出を決めた。

続く日本航空(山梨)と雄物川(秋田)の試合は第1セット、日本航空が終盤に雄物川を突き放して先取。第2セットは日本航空の粘り強い守備が光り、序盤から大きくリードを保って連取した。第3セットも日本航空が圧倒し、初の決勝の舞台を手にした。

この結果、9日の男子の決勝は鎮西-日本航空の対戦となった。

▷男子準決勝

鎮西(熊本)3-0日南振徳(宮崎)

日本航空(山梨)3-0雄物川(秋田)

▷女子準決勝

就実(岡山)-金蘭会(大阪)

古川学園(宮城)-下北沢成徳(東京)