松山65、5打差5位浮上 米男子ゴルフ第2日

第2ラウンド、通算12アンダーで5位に浮上した松山英樹。8番でアプローチショットを放つ=プランテーション・コース(共同)
第2ラウンド、通算12アンダーで5位に浮上した松山英樹。8番でアプローチショットを放つ=プランテーション・コース(共同)

米男子ゴルフのセントリー・チャンピオンズは7日、ハワイ州カパルアのプランテーション・コース(パー73)で第2ラウンドが行われ、13位で出た松山英樹は1イーグル、7バーディー、1ボギーの65をマークし、通算12アンダーの134で首位と5打差の5位に浮上した。

キャメロン・スミス(オーストラリア)が1イーグル、9バーディー、2ボギーの64と伸ばし、通算17アンダーでトップをキープ。3打差の2位にジョン・ラーム(スペイン)とダニエル・バーガー(米国)がつけた。(共同)