大川小遺族が高校生に講話 「本気で防災取り組んで」

被災した宮城県石巻市立大川小の校舎前で、高校生らに講話する佐藤敏郎さん(右端)=8日午後
被災した宮城県石巻市立大川小の校舎前で、高校生らに講話する佐藤敏郎さん(右端)=8日午後

東日本大震災の津波で児童74人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小で8日、遺族が語り部となり、青森、三重、兵庫各県から訪れた高校生や教員ら約80人を相手に講話した。6年だった次女、みずほさん=当時(12)=を亡くした佐藤敏郎さん(58)が「救えた命だった。皆さんは避難訓練やマニュアル作りに本気で取り組んで」と訴えた。

冷たい風が吹く中、高校生らはむき出しになった校舎の鉄骨や泥の跡が残る2階の天井などを見学。佐藤さんが「今後災害があっても、あの日の悲しみや後悔が(誰も犠牲にならない)ハッピーエンドの未来のきっかけになれば」と話すと、真剣な表情で聞き入った。

兵庫県立舞子高校環境防災科3年の真砂怜生さん(18)は「地元は南海トラフ巨大地震の危険もある。災害を知らない世代も防災に興味を持てるように伝えていきたい」と話した。