大坂が腹部負傷で準決勝棄権 復帰戦の全豪テニス前哨戦

シングルス準々決勝でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)
シングルス準々決勝でプレーする大坂なおみ=メルボルン(共同)

女子テニスの大坂なおみ(フリー)が8日、自身のツイッターを更新し、全豪オープンの前哨戦となるメルボルン・サマー・セット1のシングルス準決勝を、けがのため棄権すると明らかにした。「休養明けで激しい試合が続き、体がダメージを受けた」とつづった。

全豪オープンの公式ツイッターには「腹部の負傷で、全豪に向けては休養が必要」とのコメントを載せた。世界ランキング13位の大坂は昨年9月の全米オープン3回戦敗退後に休養に入り、今大会で復帰していた。準決勝は31位のベロニカ・クデルメトワ(ロシア)との顔合わせだった。(共同)