S・ポワチエさんが死去 黒人初のアカデミー男優賞

米ハリウッドでアカデミー賞授賞式に参加するシドニー・ポワチエさん=2014年3月(ロイター=共同)
米ハリウッドでアカデミー賞授賞式に参加するシドニー・ポワチエさん=2014年3月(ロイター=共同)

映画「野のユリ」で黒人として初めてアカデミー主演男優賞を受賞、「夜の大捜査線」などでも知られる米俳優のシドニー・ポワチエさんが死去した。94歳だった。米英メディアが7日伝えた。国籍を持つ大西洋の島国バハマの当局者によると、6日に死去した。

米フロリダ州マイアミ生まれ。1945年に端役で映画デビューし、55年の「暴力教室」の生徒役で評価され、教会建設に打ち込む黒人青年を演じた「野のユリ」(63年)でアカデミー賞を受賞した。

その後も白人女性との結婚をテーマにした「招かれざる客」(67年)でキャサリン・ヘプバーン、黒人差別の激しい米南部を舞台に、人種偏見と闘いながら犯人を追い詰める敏腕刑事を演じた「夜の大捜査線」(同)でロッド・スタイガーといった名優と共演して演技を磨き、ナンバーワン黒人俳優としての地位を確立した。(共同)